インターナショナルスクール  > ハピオスの教材

提携歯科医院

​ハピオスの教材  -Teaching material-

世界100カ国で採用されている英語教育

ハピオスは、「子供たちの主体性を尊重し、多種多様な現代社会を生き抜いていける基礎力を育む教育を行います」の保育理念を掲げ、英語という”ツール”を利用し、プログラムを通じて様々な“体験“ができる環境を提供していきます。

ハピオスでは、世界100か国以上の学校で採用されているジョリーフォニックス教材を主に利用し、シンセティックフォニックス法で文字の”音”を入れていきます。そうする事で、暗記に頼らず初めて見る単語も読めるようになります。それが本当かどうかは、ぜひトライアルレッスンでお確かめください♪

語学吸収が最も早い言語形成期の子どもたちの「聞く」「話す」「読む」「書く」力を確実に伸ばしていきます。

ジョリーフォニックスとは、

ジョリーフォニックスはイギリスで考案されたシンセティックフォニックスという新しい学習法です。子どもたちの興味や感覚をマルチに刺激し、楽しみながら英語の読み書きの大切な基礎を構築するために研究開発され体系化されたプログラムです。小さな子どもたちが日本語を覚える時期にジョリーフォニックスを学習することにより、その効果は飛躍的に向上します。
 

初めにアルファベットとは違う、音に関連づけられた順序で構成された42文字の音を歌やアクションを通じて学び、単語の勉強へと進みます。またフィンガーフォニックスと呼ばれる指で直接文字に触れて覚えるプログラムをはじめ、さまざまな感覚を駆使して学ぶ5つのアプローチで読み書きの基礎を身につけます。

ジョリーフォニックス5つのアプローチ

①文字の音を学ぶ ~Learning the letter sounds~

主要な42文字の発音を勉強します。これは一般的なアルファベットの26文字以外にsh/th/ai/ueなどが含まれます。

②文字の形を学ぶ ~Learning letter formation~

視覚だけでなく触覚などさまざまな感覚を使うアプローチで文字の形と書く方法を学びます。

③ブレディング ~Blending~

複数の文字や音をつなげて新しい単語の読み書きができるようになるための勉強をします。

④言葉の音を識別する ~Identifying the sounds in words~ 

子供たちが言葉の音を聴き分ける勉強をすることで、より高度な英語の綴りを学ぶための大切な一歩をスタートします。

⑤トリッキーワード ~Tricky words~

トリッキーワードと呼ばれるブレンディングでは読み取れない、不規則なスペルを持った単語を個々に覚えます。

 

〒542-0081

大阪府大阪市中央区 南船場1丁目8−11

TEL:06-6568-9130

Mail:info@happious.net

Copyright © 2016 Happious international All Rights Reserved.