提携歯科医院

代表者挨拶

初めまして、ハピオスインターナショナル 代表の内田です。

 

この度は数あるスクールの中からハピオスのウェブサイトをご覧くださり誠にありがとうございます。

 

すでにこのページをご覧頂いている時点で、お子さまの為に真剣に将来をご検討してらっしゃるお姿が目に浮かひびます。

 

私も1児の父です、今これを読んでくださっている“あなた”と気持ちは同じだと思います。

 

親が子を想う気持ちは同じですもんね。

・わたしが「ハピオスインターナショナル」を設立した理由

 

スクールを開設する以前、わたしは行政に携わる仕事していました。

 

そこで目の当たりにした、わたし達日本人の圧倒的なコミュニケーションスキルの至らなさ。

 

グローバルな世の中で、多くの日本人が外国人とのコミュニケーションを苦手としている現実。

 

ほんの少しでも、彼らとのコミュニケーションへの苦手意識がなくなれば、きっとこの国はもっとよくなるはず。

漠然とそんな想いを抱えながら日常を過ごしていたわたしがある日、父になります。

愛する子供が誕生し、子育てに奮闘する日々。

 

自分の息子の将来をイメージした時、世界中どこに行って も上手にコミュニケーションができる子どもたちがこの日本で少しでも多く育ってくれたらこれからの日本がもっと強くなる。

 

その想いは確固たるものになりました。

 

・「英語を話せるようになること=国際教育」ではありません

 

今の日本では、ご存知のように英語を話せる親世代が殆どいません。

 

その理由からか、“英語を話せるようになること=国際教育“といった間違った概念が浸透 しているように感じます。

 

更に、すでに一部の私立では、英検や TOEICで一定レベル取れていると中学や高校受験で内申点が上がる仕組みまで出来上がっています。

 

すべてを否定する訳ではないですが、コミュニケーションをするための言語=ツールが幼少期から”テストのための英語”に取り組まなければならないというジレンマに陥っているように感じてなりません。

 

いま世界ではどういった状況になっているのかご存知でしょうか。

 

英語を話す人口分布は、非ネイティブ圏>ネイティブ圏です。

 

私の知人でマレーシアに住んでいる方に話を聞いても、アジア圏で普通に英語で会話しているけど、逆にネイティブスピーカーの英語がわからないなんて事はざらにあるそうです。

 

この事からもわかるように、ネイティブスピーカーのアナウンサーのように“正しい文法で正しい発音”をゴールにする事と、国際教育とは必ずしもイコールではありません。

発音や文法が少し変でもあまり気にしていないという事です。

ハピオスインターナショナルでは、英語教育の前にこの素晴らしい日本で生活しているのだから日本が世界 に誇れる“気づかい”と“思いやり”をもった【和魂洋才】の精神をもった子供たちに育って欲しい。

その理念の基に日々先生方にも奮闘してもらっています。

その為にもハピオスでは、外国人の講師だけが英語を教えるのではなく、日本人スタッフだけが保育をするのではなく、スタッフ全員がチーム一丸となり英語教育も保育も最高のものが提供出来るよう日々切磋琢磨しています。

 

 

 

・【和魂洋才】の環境を提供する事が子供たちの未来を創造する

 

1 日本人としての素地(気づかいや思いやり、躾など)をしっかりと身につける

2 その上で、国際感覚が身につく経験をする

3 そして最後に、自分で考えることができる力を養う

 

この3つを基礎として、子供たちが楽しみながら学べる環境をご提供できるよう日々取り組んでいます。

 

ハピオスインターナショナルは、“ひとつの大切な命”を沢山お預かりしています。

その気持ち、期待に応える事ができるよう、保護者様とお子さまの将来のために時間を共有しながら大切に育てて 参ります。

まだまだ小さなスクールですが、当スクールの理念に共感くださいましたら是非一度見学へお越しくださいませ。

最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

〒542-0081

大阪府大阪市中央区 南船場1丁目8−11

TEL:06-6568-9130

Mail:info@happious.net

Copyright © 2016 Happious international All Rights Reserved.